狂ったシナリオ

織田信長が権力者を一掃し、京都を平定(天下布武の真意)した後、
秀吉と家康が協力して天下を治め、庶民が安心して
楽しく暮らせる世の中(縄文の復活)を実現しようとしたシナリオが、
秀吉の死後、権力の亡者となった“淀君(茶々)”によって、
さらに危うくなっていった。
 そこで、秀吉の正室だった“ねね”、家康、
家康に仕える天海(明智光秀)が協力し、
信長が目指したシナリオ(縄文の復活)実現に向け、
再び動き出した。
 そのシナリオとは・・・家康が天下をとり、
天海が地下組織との橋渡しをしながらサポートし、
外国勢力を極力排除(鎖国)するという壮大な計画で、
“ねね”は豊臣方の家臣たちを家康に仕えるよう促すという
悪役を買って出たのだった。
 これが、“関ヶ原の戦い”へとつながっていった。

この後、200年以上続いた江戸時代は、まさに縄文時代の再来ともなったのだが、
これが宇宙支配をもくろむ“レプティリアン(蛇族)”は気に入らなかった。
彼らは着々と水面下で準備を進めながら、明治維新(クーデター)の下準備を進めて行った。

 

  ~ ここまで ~

このブログは、以上でいったん休止しますが、続きが気になる方、
縄文の真実について興味がある方は、筆者が推奨する書籍や動画(DVD)を
紹介しますので、そちらを参考にしてみてください。


『新・日本列島から日本人が消える日 上巻』(定価 1,620円)
 ⇒ リンクは『こちら』

『新・日本列島から日本人が消える日 下巻』(定価 1,620円)
 ⇒ リンクは『こちら』

『美しき緑の星』
(日本語字幕付き無料動画、ただし、ところどころカットあり)
 ⇒ リンクは『こちら』

『美しき緑の星』
(日本語字幕付き動画完全版(ノーカット)DVD 定価 3,564円)
 ⇒ リンクは『こちら』

 

豊臣秀吉と千利休

豊臣秀吉

  出自については記録がなく謎が多いとされている。母は「大政所
  (摂政・関白職にある公卿(くぎょう)の母親に対して、天皇
  宣旨により贈与する尊称である「大北政所」の略称) 名は
  仲(なか)」。「朝日姫(あさひひめ 秀吉の異父妹であり、
  後に徳川家康正室となる)」の生母でもある。
   秀吉の父は出自不明(記録がない)。それもそのはず。神武天皇
  案内したとされる神話に登場する“秘密結社『ヤタガラス』”に属し、
  生駒屋敷を拠点とする忍者の頭領であったがゆえに、戸籍がなかった。
  秀吉(当時は「木下藤吉郎」)も父の後を継いで忍者の頭領となって
  生駒屋敷に仕えていた。
   やがて、織田信長が生駒屋敷にお忍びで通うようになり、あるとき、
  信長の側室となった「生駒吉乃(きつの)」から信長に、「この者は
  きっと役に立つ」と紹介されたのをきっかけに、信長の家臣(足軽
  となる(信長直筆の手紙によれば、その風貌から秀吉のことを
  「禿鼠(はげねずみ)」と呼んでいた。サルと呼んでいた記録はない
  ただし、サルというのは忍者を表す隠語でもある)

  当時(生駒屋敷)の秀吉は忍者を取りまとめていた統領でもあり、
  大工の棟梁でもあった。
   そして、信長と「お市の方」との密会も知っていた(信長の秘密を
  知る人物でもあった。これが後の裏切り行為へとつながっていく)。

  秀吉は忍者ゆえの俊敏性と奇抜な戦術、一夜上にみられる大工としての
  特技も生かし、縦横無尽の活躍が信長にも認められ、異例の出世を
  していく(世に言う下剋上)。

  正室は「ねね(浅野長勝の養女で杉原定利の娘)」。
  秀吉と「ねね」との間に子はできなかった。

  そして、織田信長の『天下布武』が目前に近づいてきたとき、秀吉に
  『天下取りの欲』が出た。そう、本能寺の変という事件が起こる。
  信長は、明智光秀に案内役を命じ、徳川家康を本能寺に呼んでいた。
  信長は、戦乱の世を鎮め、朝廷を正当な皇統に戻した後、家康に後の
  政治を託すことを考えていた。秀吉にとっては面白くなかった。
   そこで、明智光秀が家康とともにいる不在の時をねらって、
  明智光秀重臣・「斎藤利三(としみつ)」に明智軍を本能寺に
  向かわせた。
   そう、本能寺の変は、斎藤利三豊臣秀吉による“軍事クーデター”
  だった。信長が自害した後、秀吉が天下を取るには、その時不在だっ
  た「明智光秀」の首が必要だった。あくまでも謀反の首謀者は
  「明智光秀」で通さなければ嘘を突きとおせないからである。
   そこで、「山崎の戦」の最中も戦後も、秀吉は家臣たちに、光秀の
  捜索を命じていたが、ついにみつからなかったので、やむなく、
  秘密を知る斎藤利三(としみつ)」を口封じも兼ねて、その首を
  とることで身代わりそした。
   光秀を探せなかったのも無理はない。もともと賀茂神社神職
  家庭に生まれ、「伊賀・甲賀の忍者」とも通じていた(本能寺の変
  前から、“ヤタガラス”は秀吉を裏切り者としていた)ため、その身を
  隠し、『怪層・天海』と名を改め、徳川家康とともに盤石な江戸幕府
  築いていった。

  秀吉は、「山崎の戦」の後、織田信長の後を継ぎ、天下を手中にするが、
  これに疑問を呈したのが「柴田勝家(しばたかつえ)」だった。
  「賤ヶ岳(しずがたけ)の戦い」である。
   このとき、信長の(血のつながらない)妹・「お市の方」は
  柴田勝家正室になっていた。この戦いで、勝家とお市の方は自害する。
  お市の方」には3人の娘(茶々、初、江)がいた。

   秀吉は正室「ねね」との間に子ができなかったこともあり、
  信長の遺伝子を継ぐ長女“茶々”(後に秀頼を生む淀君を側室にした。
  「初」は京極高次正室として京極家に入った。
  「江」は家康の嫡男で後に徳川2代将軍となる「徳川秀忠」の妻(正室
  となる。

  かくして、秀吉は信長の家臣たちも従わせることで、天下を手中にした。
  そして、北朝(傀儡天皇)をゆすり、朝廷から“豊臣”姓と“太閤”と
  いう皇位を譲り受けることとなった。

  だが、秀吉の天下は順風満帆ではなかった。本能寺の変の真相を知る
  『千利休がいた。だが、千利休は秀吉をとがめなかった。
  利休は秀吉を茶室に招くと、信長の天下の真意と、日本を取り巻く
  諸外国(とくに中国やヨーロッパ列強国)の動向と、日本のかじ取りの
  助言を伝えた。秀吉も真剣に耳を傾けたとされるが、腹の底では、
  『秘密を握られている人物』という思いもあった。これが、後に利休の
  切腹へとつながっていくことになる。

  また、秀吉による朝鮮出兵」も利休からの助言によるもの。
  かつて、源頼朝義経兄妹が北条氏の裏切りにより果たせなかった
  大東亜共栄圏を「今こそ」という思いで奮起したものだった。
  おりしも、秀吉のもとに、無敵艦隊と言われた“スペイン”の外交官
  訪れていた。
   スペインの狙いはアジアの強大国“中国”だった。スペインが誇る
  無敵艦隊による海からの攻撃と、世界最強陸軍(武士)を擁する日本が
  同盟を組めば、中国に勝てるとの公算から、秀吉のもとに交渉に
  訪れていた。
   秀吉は、スペインの申し出を断り、アジアの植民地化を防ぐべく立ち
  上がり、その足掛かりとして、朝鮮半島に拠点を置こうと使者を送ったが、
  これを当時の李王朝が勘違いし、やむなく朝鮮出兵となった。
   だが、2度目の「朝鮮出兵」の際、秀吉の“大東亜共栄圏”を恐れた
  “バテレンたち”(ポルトガルやスペインから来ていた)と秀吉に不信感を
  抱く側近たちによって、暗殺(毒殺という記録もあり)された。

 

千利休

  戦国時代から安土桃山時代にかけての商人、茶人。
  「わび茶(草庵の茶)」の完成者として知られ、茶聖とも称せられる。
  和泉国・堺の商家(屋号「魚屋(ととや)」)の生まれ。

  織田信長豊臣秀吉に仕えた“スパイ(裏天皇やヤラガラスにも通じて
  いた)”でもある。
   「茶会」と称して諸大名を集め、信長や秀吉に有利になる情報を収集
  していたとも・・・
   最期は秀吉に切腹を命じられ、この世を去る。

 

織田信長の暗殺、千利休切腹豊臣秀吉の暗殺により、天下泰平目前で再び、
日本国内が戦乱の世に額戻りするのを防ぐべく、立ち上がったのが
徳川家康」であった。その後、戦乱の世を鎮め、200年以上平和な時代が続く
江戸時代へと入っていく。

 

 


          ~ つづく ~

明智光秀と徳川家康の秘密と『本能寺の変』

明智光秀

  筆者が見聞きした話(おとぎ話)をここでは展開していく。
  「明智光秀」は賀茂神社(京都)の神職の家系に生まれ、その後、
  明智家の養子となる。
  「明智家」は、清和源氏摂津源氏)の家系で、
  美濃源氏「土岐(とき)氏」支流である明智氏の出身。
  正室は「妻木煕子(つまきひろこ)」。その間の子には、
  「細川忠興(ほそかわただおき)室・「珠(たま 洗礼名:ガラ
  シャ)」、嫡男・光慶(みつよし)がいる。

  「織田信長」が比叡山延暦寺の焼き打ちを行った経緯は、
  延暦寺に修行僧(スパイ活動)として潜入していた「明智光秀
  から、信長の野望(正当な皇統に天下という京都を戻すこと=
  天下布武の真意)を阻止すべく、北朝や足利幕府と手を組み、
  修行僧とは名ばかりの武装軍団の訓練を行っていたことの一部
  始終を知った。
   そこで、本来の“仏の教え”に背いた者たちに、怒りの鉄槌を
  下したのが『焼き打ち』だった。
   さらに、この延暦寺にみられるように僧侶と
  檀家(女子も含む)になぎなた”で武装させ、テロ集団として
  訓練されていたのが一向一揆』で有名な『一向宗であった。
  この『一向宗』は石山本願寺を拠点にして、織田軍に襲い
  かかった。
   「明智光秀」も秀吉とともに『一向宗』攻略に対して中心的な
  役割を果たしている。

  さらに、歴史的な事件として知られる本能寺の変では、
  現場に「明智光秀」はいなかったのである。
   その時、光秀は「徳川家康」に同行して、『本能寺』に向かう
  道中だった。“伊賀の忍者(ヤタガラスの使い)”から、
  信長暗殺を聞き、光秀は家康とともに“伊賀抜け”~江戸に引き
  返した。(この後、光秀は“怪僧”と呼ばれた『天海』に変身する)
   徳川秀忠の「秀」、徳川家光の「光」は、「光秀」の漢字の順番を
  逆にしてつけられたものであり、ここに徳川家に溶け込んだ「光秀」の
  天下取りへの野望が反映されているともいえる。また、家康亡き後、
  『日光東照宮』の設計・施工の中心的役割を担い、江戸幕府
  終わるころ、“東の都(江戸)”で、2回目の“国譲り
  (「5・ご」「6・ろ」合わせ)”が行われることを“鶴と亀”の
  像で暗示していた。

 


徳川家康

  三河国土豪である松平氏の第8代当主・「松平広忠(まつだいらひろ
  ただ)」の嫡男として、1543年1月31日、寅の刻(午前4時頃)に
  岡崎城にて誕生。
   母は「水野忠政(みずのただまさ)の娘・「於大(おだいの方)」。
  幼名は「竹千代(たけちよ)」。

   ※「於大(おだいの方)」の母・「華陽院(けよういん)」は、
    「明智光秀」と同様、賀茂神社神職から、
    「水野忠政(みずのただまさ)」の正室となり、後に
    「松平清康(まつだいら きよやす)」の後妻となる。
     つまり、家康の祖母は、賀茂神社神職(巫女)であったが
    ゆえに、後に「徳川」姓に改名したときに、賀茂神社から
    『葵の紋』を譲り受けることになる。
     また、明智光秀」と「徳川家康」はともに、賀茂神社の縁戚関係
    という“強い絆”で結ばれていた。

  家康の幼少期は“人質”の時代でもあった。
  「竹千代(家康の幼名)」は、数え6歳で今川氏への人質として駿府
  送られるが、「桶狭間の戦」で織田軍が今川軍を打ち破ると、家康は
  岡崎城を拠点に独立、その後、織田軍と同盟関係を結び、縁戚関係に
  あった「明智光秀」とともに織田軍に加勢した。

  「本能寺の変」で信長が暗殺された時、家康は「明智光秀(天海に変身)」と
  ともに、“伊賀の忍者(ヤタガラス)”の助けを得て、江戸城に帰還する。
   その後、天海となった「明智光秀は、“わが子”秀忠(第二代将軍)と、
  光秀の実の娘・春日局(かすがのつぼね 本名:斎藤福は、明智光秀の家臣・斎藤
  利三(としみつ)の養女となった)と家康との子・家光(第三代将軍)の
  参謀として仕え、200年以上続く江戸幕府の基盤を築いた。
   また、「日光東照宮」の設計・施工にかかわり、“東の都”に“本物の
  皇統がいる”ことを暗示し、京都にいる北朝(藤原血統の傀儡天皇)に
  睨みを利かせただけでなく、“鶴亀の像”によって、“幕府の終わり”に
  再び“国譲り(無血開城)”が行われることを予言した。

  ※斎藤利三は、豊臣秀吉とともに「本能寺」に挙兵した、
   本能寺の変」の首謀者。主の「明智光秀」の不在という隙をついて、
   織田信長暗殺の奇襲をかけた。黒幕は豊臣秀吉
    『天下人』という欲が出て、信長を恐れた“バテレン”たちにも誑かされ、
   謀反を起こしてしまう。その後、斎藤利三」は「山崎の戦」で光秀の
   身代わりとして豊臣軍に斬首される(秀吉にも裏切られた)。

   そう、「本能寺の変」の首謀者は「明智光秀」ではなく、明智の家臣・
   斎藤利三豊臣秀吉による“謀反(裏切り)”だった。

   信長が掲げた“天下布武”の夢は夢と消えた瞬間だった。
   (北朝は安堵したに違いない、また、バテレンたちも、キリスト教
   嘘を暴かれることがなくなったので、安堵したことだろう。)

   山崎の戦の後、豊臣秀吉が事実上の“天下人”となった。
   秀吉は“傀儡天皇”の北朝をゆすり、“皇位”を意味する称号“太閤”を
   譲り受け、“太閤秀吉”を名乗った。

 


         ~ つづく ~

キリスト教伝来に隠された“日本とアジア植民地化計画”

戦国時代に日本に伝たいしたものとして有名なのが、
『鉄砲(タネガシマ)』と『キリスト教』(フランシスコ・ザビエル

時代はローマ帝国が滅亡し、ヨーロッパではスペイン、ポルトガル
イギリス、フランス、オーストリアなど、西洋の列強が競うように、
アフリカ、アジア、中南米を植民地化していった時代の始まりでもあった。
 ローマ帝国滅亡により、表の政府(支配者・権力者)は
いずれ潰される運命にあることを学んだ支配階級(後のハプスブルク家
ロスチャイルド家など)は、地下組織(地下政府)の地盤固めをしながら、
表の政府(王室、貴族たち)を“情報”と“通貨(金貨)”で操る方向に
転換していった時代でもある。

日本では、織田信長織田家は出雲系の神職の家系、信長は織田家
養子で、血筋では『失われた10支族』のダン族(ヘビの紋章)の
末裔であると同時に、平氏(分家)との混血)の登場により、
キリスト教の布教が難しいと判断した宣教師たちは、信長と接触しながら、
布教という名のスパイ活動を行っていった。
ロスチャイルド家も、信長と同じく、ダン族の末裔であったがゆえに、
宣教師たちを通して、お互いに、当時のヨーロッパと日本の情報を交換し
合うようになっていった)

 

フランシスコ・ザビエル

  スペインのナバラ王国生まれのカトリック教会の司祭で宣教師
  イエズス会(表向きはローマ法王を頂点とする宗教組織、秘密結
  社イルミナティ(光の子)の隠れ蓑でもある)の創設メンバーの
  1人。
   ポルトガルジョアン3世の依頼でインドのゴアに派遣され、
  その後1549年に日本に初めてキリスト教を伝えた。

  当時の日本人の印象について、「この国の人びとは、今までに
  発見された国民の中で最高であり、日本人より優れている人びと
  は、異教徒のあいだでは見つけられないでしょう。彼らは親しみ
  やすく、一般に善良で悪意がありません。驚くほど名誉心の強い
  人びとで、他の何ものよりも名誉を重んじます。」と高評価を
  与えている。
   と同時に、本国のポルトガルに送った書簡に、布教活動(キリス
  ト教による洗脳活動)が進まないことに対する苦悩もつづられて
  いた。
  「この国は、キリスト教に感化された形跡がある。人びとはみな
  質素であるが、高潔であり、まるで、キリストそのものである。
  さらに文化や思想、風習に至るまで、まるでキリストの教えその
  ものであり、私が教えることはもはや何もない。
   それもそのはずである。とくに、この日本ではつい最近まで、
  全国民レベルで、大晦日から正月にかけての風習は、旧約聖書
  の出エジプト記に書かれている“過越しの儀”そのものだったく
  らいであるから。『失われた10支族』=『海を渡った縄文人(海
  人族)の子孫』が聖書として編纂(支配者の都合よく改ざん)さ
  れる前の“原始キリスト教”が古来からの神道や仏教と融合した
  “独自の精神文化”として開花したのが、この不思議の国、日本
  なのだから。

  困り果てたザビエルのもとに、ポリトガルやスペインから応援の
  宣教師が送り込まれた。そして、彼らは布教活動の矛先を変え、
  戦国大名(武将)たちに近づき、西洋の技術(当時の日本にはな
  かったガラス工芸品やお菓子、鉄砲など)を持ちこみ、武将たち
  の興味を引きながら、武将たちから布教活動のお墨付きをもらう
  ことで、布教活動を再開していった(この経緯ゆえに、キリスト
  教に洗脳されたキリシタン大名と言われるものたちも現れるよ
  うになった)
   信長も宣教師たちによって持ち込まれた、工芸品、お菓子、さ
  らには鉄砲にも興味を示したが、キリスト教“嘘”を見抜いて
  いた(植民地化の道具であったことも)ので、質問攻めにして宣
  教師たちを困らせたという逸話もあるくらいである。

  そして、この信長のキリスト教に対する疑念が後の「豊臣秀吉
  や「徳川家康」にも影響していくこととなる。

 

【鉄砲伝来】

  キリスト教伝来より少し早い1543年に、「種子島」に漂着した
  一隻の船によって、日本に初めて鉄砲が伝来した。

  日本国内での実戦における最初の使用は、薩摩国の島津氏家臣
  「伊集院忠朗(いじゅういんただあき)」による大隅国(おおす
  みのくに 現在の鹿児島県の大隅半島屋久島、種子島奄美
  島などを含む西海道の一国。)の加治木城(かじきじょう)攻め
  であるとされている。

  鉄砲伝来の背景には、戦国時代に入った日本に鉄砲という武器を
  売りつけると同時に、内戦により日本が弱りは果てたところを
  植民地化しようという魂胆もあったが、これを救ったのも「織田
  信長」だった。戦乱の時代が長引いていたら、日本は植民地化さ
  れていたかもしれない。

  後に信長も鉄砲に興味を示し、宣教師たちに鉄砲を持ってくる
  ように命じている。
   そして、戦術として役立つと“先見の明”を得た信長は、堺に
  集めた技能集団(鍛冶職人たち)に鉄砲を渡して、これを分解さ
  せ、その構造や部品の細部まで注意深く観察するように命じた後、
  命中率や飛距離の改善と量産を命じている。
   この信長の行動と堺の鍛冶職人たちの技術に、宣教師たちも
  腰を抜かしたというエピソードは有名である。この信長の発想と
  改良を加えた鉄砲の量産具術が、それまでの一騎打ち中心の戦い
  方から、鉄砲による集団戦法へと戦術も大きく変わるきっかけに
  もなった。

 

          ~ つづく ~

織田信長の出自と生駒屋敷

織田信長の出自】

  劔神社(つるぎじんじゃ)は、福井県丹生郡(にゅうぐん)越前町
  (旧織田町)にある神社である。別名織田明神(おたみょうじん)。
   素盞鳴尊(すさのおのみこと)を主祭神とし、特に織田信長
  当社の神官の子孫であるとされ、織田家氏神とされた。
   尾張織田家は故郷の名にちなんで織田と名乗ったのが始まりで
  ある。 

  織田信長が自ら自分の事を、“第六天魔王”と自称したのも、決して
  根拠のない嘘では無い。 
   ただ、スサノオと自称しなかったのは、今回の自分の役目が、
  殺戮をも厭わない日本の大改革に成る事を、御告げにより認識して
  いた為に、敢えて魔王を名乗った模様。
   徹底的に悪役を最後まで演じ切り、最後は惨殺される事を、
  自ら誘導していたともいわれる。
  (本能寺の変は“予見”されていた?)

  第六天魔王の起源は、平安末期頃作られた『中臣祓訓解(なかとみの
  はらえくんげ)』に記されている。
   これには、大神(天照太御神)は大日(如来)と同体とされ、
  国を治める証文を魔王から請い受けたとされている。
  つまり、天照太御神(あまてらすおおみかみ)の子孫が日本を
  治める許可書を、日本国を所有する魔王から発行して貰い、保証
  されたと有る。
   また、『通海参詣記(つうかいさんけいき)』(十三世紀末頃)には、
  「イザナギイザナミの二尊がこの国を創ろうとして、
  第六天魔王から国を譲り受けたとき、仏法を嫌うと申し出た。』と
  されている。
   信長が『通海参詣記』を読んだかは不明だが、彼は比叡山を襲撃して
  実際に大殺戮をしている。

  実際、信長の戦陣(下図)をみると、六芒星の紋章が確認できる。
  この紋章は世界的には“ダビデ紋”と言われるが、出雲の社紋(亀甲紋)
  六角形を現した紋章として、日本では古くから使われている。
   出雲大社は“スサノオ”を御祭神としていた時代もあるほど、
  深い関係にある。

f:id:new-cosmos684:20190523133842j:plain

 


  また、「信長公記」に記される『安土城の“蛇石(じゃいし)”』の
  存在も意味深である。
   『大石を撰取(えらみと)り、小石を選退(えらみの)けられ、
    爰(ここ)に津田坊、大石御山の麓迄寄せられ候といへども、
    蛇石(じゃいし)と云ふ名石(めいいし)にて勝(すぐれ)
    たる大石に候間、一切に御山へ上らず候。然る問、羽柴筑前
    滝川左近・惟住(これすみ)五郎左衛門三人として助勢(すけぜい)
    一万余の人数(にんじゅ)を以て、夜日(よひ)三日に上(のぼ)せ
    られ候。信長公御巧(たくみ)を以て靫(たやす)く御天主へ上させ
    られ、昼夜(もうや)山も谷も動くばかりに候キ。』

  実のところ、信長の出自には謎が多い。織田家の養子という説もあり、
  蛇石に見られるように、ヘビ族(イスラエル10支族の中のダン族の紋章も
  ヘビ)の子孫という可能性もある。

  ゆえに、信長の妹で、後に浅井長政正室となる「お市の方」も実の
  兄妹ではなかった(浅井家に嫁ぐ前に、すでに信長との娘・茶々を
  身ごもっていた)。
   信長が「お市の方」と密会していたのが、「生駒屋敷」だった。

 

【生駒屋敷】

  生駒家は“馬借”(現在の運送業に当たる)を家業としていたと
  いわれるが、子孫によれば、生駒家は商売をしておらず、「記録に
  残るものでは武家であり、武家のやり取り(手紙)であり、
  商売の記録は皆無」である。
   当時信長が居城としていた「清州城」からは約15kmほどの
  距離(馬を走らせれば小一時間)にあったことから、足しげく
  通っていたようである。
  “馬借”(現在の運送業に当たる)というのは表向きで、各地の情報を
  収集する“スパイ組織(忍者集団)”だった。信長が生駒家に通って
  いたのも、各地の戦国武将の動向(情報)を入手するのが主目的
  だった(実際に、 桶狭間の戦では、今川軍の奇襲につながった)。
   そして、信長はこの生駒家で「お市の方」とも密会を重ねていたが、
  やがて、「お市の方」は、浅井家の正室として嫁ぐことになる。
 
  その後、信長は生駒家の長女・「生駒吉乃(いこまきつの)」を側室に
  迎える。
   信長は正室である「濃姫との間に子をもうけることはなかったが、
  吉乃との間には3人の子をもうけた(信忠・信雄・徳姫)。
   余談であるが、フィギュアスケートで有名になった「織田信成」選手の
  直系先祖が、信長と吉乃との子・「信雄」である。

  そして、この吉乃から信長に、「この者はきっと役に立つ」と紹介され
  たのが、後の豊臣秀吉になる「藤吉郎(とうきちろう)」だった。
  藤吉郎は農家の息子とされているが、実際は生駒屋敷の忍者を取りまとめ
  ていた頭領でもあり、大工の棟梁でもあった。
   むろん、信長と「お市の方」との密会も知っていた(信長の秘密を知る
  人物でもあった。これが後の裏切り行為へとつながっていく)。

 


           ~ つづく ~

 

南朝も北朝も正統な皇統ではなかった?

戦国時代に入る前に、そもそも、戦国時代の発端(導火線)となる
南北朝時代とは何だったのか?
 ここで、表の歴史から隠された“知られざる秘密”を解き明かす。

元号の始まりは、大化の改新の『大化』。
中心的な役割をした「中臣鎌足」が藤原姓を賜り、
藤原鎌足」となり、藤原氏が誕生した瞬間でもあった。
 「藤原鎌足」の二男として誕生した藤原不比等(ふひと)」史記
言われる(後に日本の正史となる)古事記』『日本書紀』編纂の黒幕となり、
名実ともに、藤原氏一族が現在に至るまで日本を支配する事実上の
支配者として君臨してきた。元号の歴史は「藤原氏」の歴史ともいえる。

そして、『古事記』『日本書紀』が編纂された時代は、
女性天皇持統天皇の時代でもあった。
元来、天皇は男系で受け継がれて来たが、藤原不比等女性天皇を正当化し、
世間に認知させる目的も持って、“とんでもないこと”をやらかす。
 『古事記』『日本書紀』以前の古史(古伝ともいう)では、
日本の最高神は“天照国照彦(あまてるくにてるひこ)”という男神であり、
その妃が瀬織津姫(せおりつひめ)”、この2神の子として誕生したのが
須佐之男命(すさのおのみこと)”であった。
 不比等は、「天照国照彦」と「瀬織津姫」を合体させて、天照大神
いう女神を日本の最高神とする暴挙に出て、権力によって強引に正当化した。
そのために、古神道の神々の怒りを鎮める必要が生じ、
瀬織津姫を祭る神社や、呪詛(じゅそ)によって秘密を守るための神社
建立する必要があった(伊勢神宮もその一つ)。
 出雲大社伊勢神宮の確執の本質は、古神道の代表格でもある出雲と
藤原氏一族との長年にわたる対立でもあった。
 また、『七夕伝説』も天照国照彦と瀬織津姫の祟り(たたり)を
鎮めるために造られた(彦星と織姫)

では、持統天皇(女性)と不比等の時代になにがあったのか?
持統天皇は「天武天皇」の皇后であったが、「天武天皇」が若くして
崩御されたため(皇位継承者であった「草壁(くさかべ)皇子」は病死、
皇位継承者を引き継いだのが「草壁皇子」の子「軽(かるの)皇子」で
当時7歳)、皇后であった「持統天皇」が即位した。
 持統天皇は、15歳になった「軽(かるの)皇子=文武(もんむ)天皇」に
譲位し、自らは日本初の太上天皇上皇)になった。


そして、譲位した持統天皇は、譲位後も「文武天皇」と並んで政務を
おこなっていた。そして、この上皇となった持統天皇の寵愛を受けて
いたのが「藤原不比等であった。(『古事記』『日本書紀』を正史とし、
女性天皇を正当化した功績による“忖度”が大きかった)

晩年、持統天皇は、壬申の乱で功労があった地方豪族をねぎらうため、
吉野行きを行っているが、この道中で、男子を生んでいる(父は不比等
⇒ 不比等以降も藤原氏が権力を握り続け、皇室にも絶大な影響力を持っていた。
そして、いつしか持統天皇不比等の血統が皇統と混じるようになって
いった(系図が複雑すぎて解読は難解)。
この藤原氏独裁をとがめたのが、皇位継承者から臣籍降下した
橘諸兄(たちばなのもろえ)」の孫で、「嵯峨(さが)天皇」の妃となる
橘嘉智子(かちこ)」の父・「橘清友(きよとも)」でった。
(表の歴史では藤原氏との政争に敗れて京都を追放されたことになっている)
 「橘清友」は京都を追放された後、橘の氏を捨て故郷の吉備国に帰還した。

また「藤原不比等」は後妻となった「橘三千代」の力添えもあり、
皇室との関係を深めていた。不比等の娘はことごとく皇后や
皇子(皇位継承者)の妃になっていた。

そう、室町時代には、南朝北朝も正統な皇統ではなく
ともに藤原氏の血統(男系)になっていた。
 事実、現在の今上天皇上皇)の直系をたどっていくと、
藤原不比等に行きつく。
明治維新という政治クーデターで、北朝南朝が入れ替わっている)


前置きが長くなったが、「織田信長」は当時の“皇統の嘘”と
藤原氏による独裁政治に終止符を打ち、吉備国に隠れた“正当な皇統”を
京都に呼び戻すことで、戦乱の世を鎮め、再び天皇中心の平和な国家に
戻すべく立ち上がった、“神職の戦国武将”であった。
 それゆえ、裏天皇組織(隠岐)や忍者組織(ヤタガラス)、主要な神社、
京都を離れていた元貴族たちが集結(協力)して、堺の鍛冶職人、
鉄製の船の設計者、一夜城でも知られる優秀な大工集団、
奇抜な戦術を繰り広げる参謀(後の豊臣秀吉)、など
屈強な武士や頭脳集団、そして技能集団が集まった。


ここから戦国時代が始まる。

 

   ~ つづく ~

 

南北朝時代

1333年鎌倉幕府の滅亡から室町幕府の全国統一まで約60年間の時代。

建武新政は武士階級を失望させ、1335年「足利尊氏」は京都を占拠、
持明院統(じみょういんとう)の嫡子「量仁(かずひと)親王
(後の光厳(こうごう)天皇」を擁立(京都の北朝)。
後醍醐天皇は吉野に移った(南朝)。
 事実上、北朝には権威も権限もないので、南朝と足利政権との
対立であった。

  ※持明院統(じみょういんとう)
    鎮守府(ちんじゅふ)将軍「藤原基頼(もとより)」が
    邸内に持仏堂(じぶつどう)を創設し、これを
    持明院(じみょういん)と名づけ、その一家を持明院家
    称したことに端を発する。
     持明院は「後堀河(ごほりかわ)上皇」の崩御後は、
    その皇女であった「室町院(暉子内(きしない)親王」が
    居住し、室町院没後の遺産配分によって、仙洞御所(せんどう
    ごしょ 譲位した天皇の御所)としたことにより
    「持明院統」と称されたのが由来とされている。
     ⇒ 持明院家女系天皇藤原氏の血統であり、これが
       足利尊氏が擁立した北朝の正体!

幕府は「後醍醐天皇」が京都から吉野へ逃亡するとただちに廃位し、
皇太子「量仁親王光厳天皇)」を即位させた。
捕虜となった後醍醐天皇は、承久の乱の先例に従って謀反人とされ、
隠岐島に流された。
(過去記事にもあるように、隠岐”には“名前のない島”=戸籍がない
一族=天皇家または裏天皇とよばれる一族しか住めない“禁断の聖域”
なっている。つまりは、後醍醐天皇流罪というよりは、日本を地下で
操る秘密組織(裏天皇)のもとに向かった。
 北朝も足利氏も、この“禁断の聖域”である隠岐に踏み入れないことを
知っていたので、あえて『流罪』という表現が当てられた)
 この時期、後醍醐天皇の皇子「護良(もりよし)親王」や河内の
楠木正成』ら反幕勢力が各地で活動していた。

1337年「新田義貞(にったよしさだ)」ら北陸勢力の壊滅、
1343年「北畠親房(きたばたけちかふさ)」指揮下の
常陸(ひたち)関・大宝(だいほう)両城の陥落で南朝は決定的に敗北
その後は幕府内の足利直義(ただよし)と高師直(こうのもろなお)との
勢力争いを発端として、20年間にわたり足利一族諸将が内争を続けた。

足利義満」が将軍となったのち政権が強化。1392年南朝
後亀山(ごかめやま)天皇南朝最後の天皇」が京都に帰還して
足利政権は全国統一。この間の内乱を南北朝内乱といい、内乱のなかで
山陽・山陰・北陸・畿内の伝統的豪族層が没落し、荘園制を基盤とする
貴族・社寺が衰退。守護は任国を領国化して守護大名となった。


南北朝後、「後醍醐天皇」の子孫(皇統)は、毛利家(長州藩の保護を
受け、戦国時代などの動乱を乗り越え、のちの明治維新(政治クーデター)が
起こるまで毛利家を中心とする長州藩士が命がけで守り続けた。

戦国時代は、天下(京都)を正当な皇統である『南朝』に権威を奪還する
ための戦乱でもあった。そう、ここに全ての秘密を知る“出雲族”の末裔
織田信長」、南朝方と裏天皇組織をつなぐ“スパイ=茶人”「千利休」、
賀茂神社神職の家系から延暦寺の修行僧を経て明智家の養子となった
明智光秀(後の天海)」、徳川家嫡男で母が賀茂神社神職である
徳川家康」(『葵の紋』は賀茂神社葵祭り)との深い絆あり)が
登場する。

 

 

           ~ つづく ~